福岡市早良区のインプラント治療なら竹田歯科医院へ
HOME>インプラントとは

| CGF再生療法 |

CGF再生療法の流れ
1.採血した血液を遠心分離機(メディフュージ)にかけます。
CGF作製専用のフィブリンゲルを作製するのに要する時間は、15分程度です。

2.血小板濃縮フィブリン液を抽出します。
   抽出したフィブリン液は人工骨と混ぜたり、手術終了後に創傷を洗浄するのに使用します。自己血液から抽出されたフィブリン液を併用することで、感染リスクをより少なくすることができます。


3.血小板濃縮フィブリンゲルを取り出します。



患者様の血液を遠心分離機(メディフュージ)にかけただけですので、添加物が一切入っていません。 最新の再生医療機器を使用すれば、回転数や回転時間を調整することによって、このような感染リスクの少ない血小板濃縮フィブリンゲルを作製できます。

4.再生治療に用います。
できたフィブリンゲルは、骨を増やしたい部分に埋入したり、平たくつぶしてメンブレンとして使用したりします。
問い合わせ